女性

失敗せずに痩せる方法|脂肪吸引で美しいボディラインに整えよう

ボツリヌストキシンの働き

注射を打つ人

神経が麻痺する注射

シワ解消や小顔治療に有効なボトックス治療は、ボツリヌストキシンを使って行う美容効果が高い注射です。ボトックス治療はプチ整形の定番のように普及していて、多くの人がボトックスで悩みから解放されています。ボトックス治療で使用するボツリヌストキシンには、シワができる筋肉(表情筋)を麻痺させる働きがあります。眉間や額や目尻などのシワが寄りやすい部分の筋肉に打つと効果的です。しかし、人によっては麻痺効果が強く出ることがあります。注射をしてからしばらくは局所顔面神経麻痺状態になり、感情を現わしても皮膚が思うように動かなくなる人もいるようです。しかし、そのような症状が出たとしても、治療後1週間もすれば改善されます。

表情ジワに効果がある

顔のシワは老化が原因で出来ることが多いですが、長年同じ所にシワができることでクセがついて出来ることもあります。こういうシワを表情ジワといって、ボトックス治療に最適なシワです。効果があるのは、額に出来る深い横ジワ、目尻に出来るカラスの足跡、眉をひそめたときに出来る眉間の縦ジワです。こういったシワが出来やすい部位の筋肉にボツリヌストキシンを適量打つと、神経が一時的に麻痺して筋肉が動かなくなります。即効性はなく、治療をしてから1週間ぐらいかけて徐々に効果が現れてきます。2週間ぐらいもすれば、起こったり笑ったりしても表情ジワが出来なくなります。そしてボトックスをしてから6か月ぐらいすると神経が再生され、元の状態に戻ります。